肝斑の出来る仕組みを知ろう

肝斑の出来る仕組みとは、一体どのようなものでしょうか。

 

一般的にシミやソバカスと言うと、紫外線の影響がとても大きいものですよね。ただ、肝斑の場合は紫外線だけではなく、女性ホルモンが多大な影響を持っていることがわかっています。

 

どれだけ紫外線対策をして毎日気をつけて過ごしていたとしても、30代になると身体の中から肝斑の原因が起こって来るということになります。これはちょっと聞き逃せない内容ですね。

 

肝斑は、女性ホルモンのバランスの変化で出現して来るものだということがわかっています。
だから妊娠したり、経口避妊剤を飲むことで影響が出るわけですね。

 

出現しやすいのが30代40代で、閉経と共に今度は薄くなる方向になるというのも納得が行きます。
女性の身体の変化にとても密接に関係しているのが肝斑なのです。

 

この肝斑は、現れていても気付いていない女性が多いです。

 

実際にインターネットなどで肝斑の症状やシミの様子を詳しく知ることで、自分のシミは実は肝斑なのかもしれないと気付く女性が増えたと言います。近年までは肝斑という言葉さえ知らないかったわけですから当然ですが、理解することで新たな解決への道が見えて来る可能性があります。

 

もちろん、現れているのがすべて肝斑ではない可能性もありますし、紫外線を気にしなくても良いわけでもありません。紫外線によるシミとも混ざって存在している場合がありますし、肝斑もまた紫外線の影響を受ける場合もありますので、UVケアに注意することには変わりありません。