漢方を使った肝斑対策

肌の悩み、女性の悩みというと、漢方は昔からとても高い効能を示してきました。
肝斑の改善にも、漢方のチカラを借りられるのであれば試してみたいですね。

 

肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れが原因ですから、そこを調整してくれる漢方に期待出来ます。
また、漢方では肝斑の出現している部位を見て、内蔵のどの部分を強化すべきかを見極めると言います。

 

漢方ほどその人その人に合わせてカスタム処方される薬はないので、実際には信頼出来る漢方薬局へ行って症状を診てもらってから、自分に合った漢方を処方してもらうのが正解です。同じような症状に見えても、専門家が見ると別の原因があったりするので、人と同じものを飲んでもあまり意味はありません。

 

おおむね処方される種類としては、加味逍遥散(かみしょうようさん)星火逍遥丸(せいかしょうようがん)などですが、原因が血行の不順にある場合には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)なども処方が検討されます。

 

主に更年期障害を改善する漢方としても知られていて、イライラや冷え性など、他の不定愁訴も一緒に改善出来る可能性があります。

 

ただし、漢方は長い時間をかけてゆっくり体質を改善していくものですから、即効性を期待してもいけません。

 

漢方薬局へ行って、「いますぐ肌を白くしてください」と言っても、それはちょっと無理な話ですね。
薬の副作用が怖い人や、身体の不調をトータルで改善したい人などには向いています。