肝斑を治せるレーザーとは?

一般的に、肝斑の治療はレーザーは使ってはいけないというのが定説です。

 

それは、刺激に非常に弱い肝斑が、レーザーのために逆にメラノサイトを活性化され、色素沈着が余計にひどくなってしまう症例が多いからです。

 

でも、ごく最近では肝斑もレーザーで治せるとする皮膚科も出てきたようです。
どのような仕組みで肝斑を治すのでしょうか。

 

肝斑をレーザー治療する場合は、もともとシミ治療に使っているベーシックなレーザーを、低出力で広範囲にあてることでメラノサイトを活性化させるような刺激を与えずにメラニンを減らして行くという手法とのこと。

 

低出力なので炎症が起きにくく、皮膚への深達度が高いために効果的に施術が出来るということです。

 

ポイントはレーザーを均一に照射することで、通常のレーザーのように、あてた部分の中心部だけがエネルギーが強く、周りが弱すぎるといったバラつきを無くし、強弱の差のない状態でエネルギーを与えることのようです。

 

非常に弱いパワーでも余計な刺激を与えることなく、回数を重ねることで蓄積したメラニン量を少なくする治療ということですね。

 

今までは肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきただけに、使えるとなるとかなり大きな変化になりますね。可能なクリニックは限られて来るようですが、どうしてもレーザー治療を希望するという人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

ただし、きちんと肝斑である診断を受けて、
治療が可能な状態かどうかを医師に判断してもらうのはもちろんのことですね。