肝班の原因って?

シミの一種である肝班ができる原因は様々です。
主な原因とされているのは“ホルモンバランスの乱れ”からくるものとされています。

 

生理や妊娠中には大きく女性ホルモンが変わってきますが、肝班はよく妊娠中に現れる傾向があります。
女性ホルモンは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があります。

 

正常だとこの2つのホルモンがバランスよく存在していますが、妊娠中は黄体ホルモンが以上に増えます。よってホルモンバランスが崩れてしまい、肝班も出てきやすくなるのです。ホルモンバランスと肝班は大きな関係があるということになります。

 

そして、お肌の大敵となる“紫外線”も肝班の大きな原因となっています。

 

紫外線がお肌に当たってしまうと皮膚の中にシミのもとであるメラニン色素が生まれ、表面上に出てきます。メラニン色素を生み出さないためにも、常に紫外線対策は行っていた方が良いとされています。

 

最近、特に肝班ができる原因となっていることが多いのが“ストレス”です。

 

主に肝班の症状が現れるのは30代〜40代となっていますが、20代という若い時期にも肝班が出てきている方が増えてきています。若い方の肝班はストレスが原因となっていることが多いのです。

 

仕事で無意識にストレスを抱え込んでしまったり、プライベートでもストレスを感じることはあるでしょう。ストレスはメラニン色素を生み出す細胞やホルモンに影響を与えることがわかっています。

 

お肌のケアをすることも大事ですが、生活習慣の改善、ストレス緩和など行っていくことも大切なこととなります。