肝班治療ってどんな感じ?

美容外科や美容皮膚科、またはエステサロンで肝班の治療をすることができます。

 

シミの中でも特徴的な肝班は、短期間では治しにくい部分があり、専門的な治療が1番効率が良いとされています。エステサロンではレーザー治療が主に行われますが、美容外科・美容皮膚科は内服治療で肝班をなくしていきます。

 

内服治療とは、体の中から肝班に良いとされる成分を吸収し、改善していく治療方法です。
ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸などを薬として服用していきます。

 

体の中から改善していくため、即効性はありませんが徐々に肝班が出にくくなったり、色が薄れてくることはあります。しかし、内服治療だけではなかなか効果が得られないことが多いです。

 

よって、塗り薬と併用して治療は行われることがほとんどとなっています。
また、ハイドロキノンと呼ばれる成分も肝班によく効く成分として知られています。

 

最近では、肝班治療に「レーザートーニング」という治療方法を取り入れるところが増えてきました。

 

レーザートーニングとは、簡単に説明すると新しい技術を使ったレーザー治療です。

 

非常に弱い光を肝班が出ているところに当てることで、肝班の原因であるメラニン色素を排出してくれる効果があります。レーザートーニングは1番効果的な外用治療となっており、専用機器である「C6メドライト」しか特殊な光が出せないのです。

 

ただし、この治療だけでは肝班を治すことは出来ず、飲み薬を一緒に飲むことと自分でできるお肌ケアを並行していきながら治療を行わないと肝班を完全になくすことは不可能です。

 

あくまでもメラニン色素を排出する働きだけなので、再びメラニンができないように自分でケアをしていくことが大切なのです。