肝班とは?

肝班とはどのようなものなのか、知っていますか?40代から皮膚の表面に出てくるシミのことを肝班と呼びます。主に肝班は目元やおでこ、鼻の下に現れることが多いです。

 

シミ・肝班で悩んでいる方も多いことでしょう。様々な種類のシミがありますが、肝班は地肌が黒い人ほど現れやすいと言われています。しかし、出てくる原因は人によって様々です。

 

肝班の特徴は、左右対称に現れることです。
右頬に出てくれば、必ず左頬にも同じような場所に現れます。

 

肝斑ができやすい人

出来やすいのは皮膚がもともと浅黒い人、更年期の人、経口避妊剤(ピル)を内服している人、妊娠・出産時期の人などで、特に出産で出てきた場合は、その後も出現したまま改善しないケースも見られます。

 

肝斑ができやすい場所

出やすい部位は、目の下あたりの両頬、額、あご、鼻と上唇の間などで、全体的に広く分布するのが特徴です。
妊娠中、2ヶ月から3ヶ月のことに現れる人も多く、出産後も長期残ってしまう場合もあるやっかいなシミです。

 

普通のシミのように点々としているというよりもべちゃっとなっているように広がりを持っているものが多いです。肌の状態によって出来やすい時もあれば、妊娠中や出産時などホルモンバランスが乱れてしまう時に出てきやすくなります。

 

出てきた肝班は時間が経過すれば次第に薄くなっていくのですが、そのままずっと残ってしまうケースもあるのでできるだけ早い対処が必要とされます。

 

40代に限らず、肝班は20代〜30代の人にまで現れることがあり、肝班に影響されている年齢は幅広いです。また、左右対称に広がる特徴をもっているので顔全体に影響を及ぼしかねません。

 

綺麗な透き通ったお肌の邪魔になってしまう肝班は、対策やケアによって改善することができるので安心して下さい。肝班対策をしていくためには、肝班の基礎知識、対処方法を知っておくことが大事です。

 

様々な情報が飛び交っていますが、どの情報が正しいのかしっかり見極めて肝班の対策を行っていきましょう。

 

ただ、自分の顔に現れているシミが肝斑なのか、他のシミなのか、区別がついていない人も多数います。

 

左右対象に現れているものは可能性が高いのですが、似たような場所にはもともとシミが出来やすいので、判断がつかない場合も多いです。特徴としては輪郭がはっきりしまい薄いベタッとしたシミであったり、目の周囲だけに出来ないために目の周りだけ白抜けしているように見える場合もあります。

 

高齢者が発症することはあまりなく、逆に60代を超えると消えて行く方向になります。
これはまさに女性ホルモンのはたらきが関係していると思いますよね。

 

女性の身体に変化が起きやすい30代になったら、自分の顔の変化を良く観察しておいたほうが良いでしょう。