肝斑でやってはいけない事とは

自分に現れているシミが肝斑なのか、それ以外のシミなのかを知ることはとても重要です。
というのも、知らずに間違えた治療を行うと、肝斑が余計に悪化してしまうことになるからです。

 

肝斑で絶対にやってはいけないのが、レーザー治療です。
いまやエステティックサロンでも美容皮膚科でも、シミの治療と言えばレーザー治療が主流ですが、肝斑で一般的なレーザーを使ってしまうと悪化してしまうことになります。

 

ごくごく最近、肝斑治療を目的としたレーザー治療も出始めてはいますが、それもきちんと自分のシミの状態を把握していればこそ可能です。肝斑の治療には長い時間が必要とされていますので、安易な発想でレーザー治療を行うと、取り返しがつかなくなってしまう場合もあるのです。

 

また、肝斑では、肌に対する刺激を与えてはいけないと言われています。

 

この刺激というのは紫外線だけではなく、合わないスキンケアなども含まれますし、メイクなども含まれます。
肌に合わない化粧品がトラブルを読んでしまう場合は多々ありますので、例え高級なアイテムであったとしても、自分に合わないなど違和感を感じるのであれば、使ってはいけません。

 

また、クレンジングや洗顔で、自分の手指やタオルの刺激で悪化させてしまう場合もあります。
よかれと思ってマッサージを行ったら、シミがどんどん増えてしまったなどという場合もあります。

 

肝斑は即効性のある治療法が確立されているものではありませんので、とにかく刺激を与えないようにして、これ以上悪化させないことが大事です。