ハイドロキノンについて

シミに効果的な成分として主流となっている「ハイドロキノン」は、手強い肝班にも効果的な成分です。
ハイドロキノンは、細菌類や紅茶、コーヒー、イチゴなどに含まれている天然成分です。

 

昔からシミ対策として多くの女性がハイドロキノンを使用してお肌のケアを行っていました。

 

欧米では肝班の治療薬として古くから使用されてきましたし、日本でも肝班治療に使っているところはたくさんあります。市販でもハイドロキノンが販売されていますが、ハイドロキノンの使い方や基礎知識を身につけた上で使わなければいけません。

 

できれば、美容皮膚科といった専門機関に相談しながら使用していくことをお勧めします。

 

通販で検索するとたくさんのハイドロキノンが販売されていますが、基本的に医療機関以外での販売は禁止されているので“ハイドロキノン”としてではなく、“美白コスメ”として売られているケースが多々あります。

 

ハイドロキノンはすぐに劣化してしまう成分でもあるので使用には十分に注意しなければいけません。
色が変わってしまったハイドロキノンは使っても肝班に効果はありません。

 

医療機関以外で販売してあるハイドロキノンは基本、水や化粧水、クリーム、ジェルに溶かして使うのですが、ハイドロキノンの濃度によって溶けやすいものや溶けにくいものがあります。

 

購入する場合は、ハイドロキノンの濃度についても詳しくチェックすることをお勧めします。