ハイドロキノンの効果

昔から肝班の治療薬として使われてきた成分だけあり、ハイドロキノンの効果は期待できます。
ハイドロキノンにはどのような効果があるのかみていきましょう。

 

メラニンの生成を防止

肝班、シミのもとであるメラニン色素の生成をハイドロキノンは防いでくれる力を持っています。

 

そもそもメラニン色素とは、お肌の奥底に存在しているメラノサイトが紫外線といった様々な刺激を受けることで発生するものです。

 

メラニン色素の生成を阻止することができるハイドロキノンさえあれば、発生することはありません。
他の成分よりも美白効果が数百倍もあると言われている成分なのです。

 

チロシナーゼの発生を抑制

メラニン色素が発生する仕組みには、チロシナーゼという物質が深く関わってくることになります。

 

例えば、メラノサイトが紫外線の刺激を受けたことにより、それを緩和させるためにチロシナーゼが発生しますが、このチロシナーゼが刺激によって発生した活性酸素を吸収したことによりメラニン色素が生まれます。

 

チロシナーゼがメラニン色素をつくっているのです。
ハイドロキノンは、このチロシナーゼを発生しないように働きかけてくれる成分でもあります。

 

メラニン色素を取り除く

主に市販で売られている美白化粧品のほとんどは、できてしまったメラニン色素をなくすことはできません。
メラニン色素の発生を阻止するか、または、お肌の色を明るくすることしかできないのです。

 

しかし、ハイドロキノンには既にお肌にできてしまったメラニン色素を排出してくれる効能が期待できます。
メラニン色素の生成を阻止するだけでなく、還元することもできる唯一の成分なのです。