ハイドロキノンの副作用

メラニン色素の発生を防ぎ、還元することもできるハイドロキノンの副作用について不安な気持ちを抱えている方も少なくありません。

 

実際、ハイドロキノンを使用したとたん、赤みが出てきた、色素沈着が起きたなどの声も挙がっています。安心して使うためにもハイドロキノンの副作用について詳しく学んでいきましょう。

 

炎症が起きやすい

お肌がもとから弱い人、アレルギーを持っている人、敏感肌のような人はハイドロキノンを使うと炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

メラニンの生成抑制力が高ければ高いほどハイドロキノンの濃度も高くなります。
濃度が高いハイドロキノンはその分危険度も増し、炎症が起きやすくなるのです。

 

肌が弱い人や濃度の高いハイドロキノンを使う場合は医療機関に通いながら使った方が良いでしょう。
医師の指示に従いながら使用していかなければ失敗してしまいます。

 

刺激が強い

ハイドロキノンがお肌に与える影響力は非常に高く、刺激が強い成分でもあります。
よって、ホルモンバランスが乱れている場合でも赤みが出てくるといった副作用を起こしがちです。

 

妊娠中の方や体調が悪い時はできるだけ使わないようにして下さい。
また、顔全体に塗ってしまっては刺激が強すぎるので、肝班が出てきている部分にだけ塗ることをお勧めします。

 

白くなりすぎてしまう

ハイドロキノンは、漂白効果がとても高い成分となっています。

 

通常の美白化粧品に含まれている成分よりも約数百倍の漂白効果があり、塗りすぎてしまうとお肌が白くなりすぎてしまうこともあるので量には注意が必要です。